車を売る(買取手続き)に必要な書類とは


車を売る(買取してもらう)ときには、手続き上必要な書類がありますので確認しておきましょう。

 

より高く買取してもらう方法 を知るならコチラ→愛車を1円でも高く売りたいなら

 

車を査定するときに必要な書類(買取前)

  •  車検証
  • 自賠責保険証明書

まだ買取が決定する前段階、買取額の見積を出してもらう「査定」の際に必要な書類です。

この2つは、常に車に備え付けておくことが義務付けられていますので、一般的にはダッシュボードの中に保管してあると思います。

 

より高く買取してもらう方法 を知るならコチラ→愛車を1円でも高く売りたいなら

 

 

車を売る(買取してもらう)ときに必要な書類

査定してもらい、愛車の買取金額に納得できたら、いざ売却!良い値段で買い取ってもらえましたか!?
売却(車買取)の手続きで必要な書類は、軽自動車と普通自動車で多少異なります。

 

 

軽自動車を売るときに必要な書類

自動車検査証

通称「車検証」です。車検証は車内に常備しておくことが義務となっています。
念のため所有者の氏名・現住所などを確認しておきましょう。

※紛失した場合は運輸局で再発行してもらいます

 

自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責保険の証明書です。一般的には車検証と一緒に車内に常備してあるはずです。
任意保険と違って加入が義務付けられている「強制保険」です。

※紛失した場合は保険会社に再発行してもらいます

 

軽自動車税納税証明書

毎年納税している軽自動車税の納税証明書です。
有効期限を確認してください。

※紛失した場合は市区町村役所(普通自動車の場合は各都道府県の税金事務所)で再発行してもらいます。

 

印鑑

認印で大丈夫です。

 

リサイクル券

自動車リサイクル法に基づく、リサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。

※預託済みの場合
※紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」ホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトして、リサイクル券の代替とすることができます。

 

より高く買取してもらう方法 を知るならコチラ→愛車を1円でも高く売りたいなら

 

普通自動車を売るときに必要な書類

自動車検査証

通称「車検証」です。車検証は車内に常備しておくことが義務となっています。
念のため所有者の氏名・現住所などを確認しておきましょう。

※紛失した場合は運輸局で再発行してもらいます

 

自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責保険の証明書です。一般的には車検証と一緒に車内に常備してあるはずです。
任意保険と違って加入が義務付けられている「強制保険」です。

※紛失した場合は保険会社に再発行してもらいます

 

自動車税納税証明書

毎年納税している自動車税の納税証明書です。
車検を受けるときに必要な書類なので、車を売るときには買い手に渡す必要があります。

※紛失した場合は各都道府県の税金事務所(軽自動車の場合は市区町村役所)で再発行してもらいます。

 

印鑑登録証明書

通称「印鑑証明」です。実印として市区町村に登録した印鑑であることを証明する書類です。
3カ月以内に発行されたものが必要ですので、印鑑証明を取りにいく必要があります。

 

実印

車を売るときには実印が必要です。委任状や譲渡証明書などに捺印するケースがあります。

 

リサイクル券

自動車リサイクル法に基づく、リサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。

※紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」ホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトして、リサイクル券の代替とすることができます。

 

※住民票

引っ越しをしている場合、必要になることがあります。
(車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が異なる場合です)

引っ越しをしたとき、車検証の住所変更をしてあれば必要ありません。

まとめ

以上が車を査定(買取前)してもらうとき、また車を売る(実際に買取してもらう)手続きにおいて必要な書類となります。

基本的には車買取業者が指示してくれますので、それに従っていれば大丈夫です。

但し、個人売買等で車買取業者を挟まない場合は、しっかり把握しておく必要があります。

 

より高く買取してもらう方法 を知るならコチラ→愛車を1円でも高く売りたいなら